What is VIRTUAFREAK?

2018年12月にスタートした、バーチャルシーンの音楽の祭典「VIRTUAFREAK(バーチャフリーク)」。

これまで秋葉原エンタスを拠点に、kz(livetune)をはじめTeddyLoid、ヒゲドライバー、Yunomi、Nor、YUC’eといったバーチャルアーティストへと楽曲を提供しているサウンドプロデューサーが出演。

また、KMNZやAvec Avec、エハラミオリ、バーチャルねこ、Tomggg、TEMPLIME、PSYQUI、ピーナッツくん、DJ WILDPARTYといったジャンルを横断するクリエイターも参加している。

2019年7月には、東京新木場・ageHaで行われたASOBISYSTEMのフラッグシップパーティー「ASOBINITE!!!」のワンフロアをキュレーション。

2019年10月より始めたクラウドファンディングでは、250名以上の支援者から総額200万以上のファンディングを集め、その存在感を確固たるものとした。

2020年12月に満を持して開催された「VIRTUAFREAK -REWIRE-」では、会場の渋谷clubasiaに加えオンライン配信とVRChatでも大盛況のうちに幕を閉じる。

イベントに合わせ、総勢21名のアーティストからなるコンピレーションアルバムやアートブックもリリース。

様々なコンテンツプロデュースやプロダクトリリースで、イベントに限らない幅広いアプローチでシーンを推し進めるカルチャープロジェクトとなっている。

VIRTUA
FREAK