ZONe「チェインアニメーションプロジェクト」にVIRTUAFREAKが参加!Avec Avecとをとはがコラボレーション

ZONe「チェインアニメーションプロジェクト」にVIRTUAFREAKが参加!Avec Avecとをとはがコラボレーション

「チェインアニメーション」で展開される#ZONeアートの新プロジェクト!

ZONeの新たな取り組みとなる「チェインアニメーションプロジェクト」にVIRTUAFREAKもサウンドプロデュースとして参加させていただくこととなりました!

プロジェクトサイト
https://cp.zone-energy.jp/art/divetozone/

2019年12月に開催された「VIRTUAFREAK Vol.5」でもご一緒させていただきましたが、今回は、クリエイターが集い、不特定多数の作品で構成されるアニメーション×ミュージックのプロジェクトとなります。

「Avec Avec feat. をとは」がオリジナル楽曲書き下ろし!

「チェインアニメーションプロジェクト」公開に伴い、特設サイトからダウンロードできるサウンドロゴをトラックメーカー・Avec Avecとバーチャルクリエイター・をとはが制作!

素材をダウンロードして、クリエイターのみなさまからのショートアニメーションをお待ちしています!

また、「DIVE」をテーマにエナジードリンクZONeをイメージしたオリジナル楽曲も「Avec Avec feat. をとは」として書き下ろし!

12月にリリースを予定しているVIRTUAFREAKによるプロデュースのコンピレーションアルバム「REWIRE」にも収録されます。

お楽しみに!


Avec Avec

WebTwitter

トラックメーカー、作曲家、編曲家。2007年頃からのインターネット上でのリミックスやマッシュアップ制作をきっかけに、2011年にAvec Avec名義で活動をスタートさせる。
アメリカLAのMush Recordsや日本のネットレーベルMaltine RecordsよりEPをリリース。 国内外問わず様々なリミックスを手がけつつ、楽曲プロデュースも行っている。
2020年5月、約8年ぶりとなるソロ名義によるEP “Rendezvous”を発表。 新しいPOPの形を追求し、Seihoとのポップユニット”Sugar’s Campaign”でも活動中。

をとは

WebTwitter

2018年に「海月ねう」としてYouTubeでの活動を始め、チャンネル登録者数3万人、Twitterは2万フォロワーと今注目されるバーチャルクリエイターの一人。
現在は「をとは」名義を主軸に、ジャンルに縛られることのない歌唱力でボーカリストとしてTEMPLIMEやNeko Hackerといった次世代アーティストとコラボレーションしている。
イラストや映像制作なども自身で手掛けるマルチな才能は、幅広い世代から支持を集めている。

Latest News